ブログ

2022年1月30日

晩婚カップルに似合う、結婚式の場所とは

晩婚カップルにふさわしい、結婚式の場所とは

ブログの本題にはいる前に、晩婚がいったい何歳以上の男女をさすのか、あらためてチェックしてみます。そしてつぎに、晩婚カップルが自分たちらしく・気兼ねなくたのしめる結婚式の舞台について、いくつかピックアップしてみたいと思います。晩婚カップルとは「大人のカップル」のこと。大人らしい結婚式スタイルを、ぜひみつけてください。

 

あなたは、晩婚ですか?

あなたは、晩婚なの?

お客様のなかで、「わたしたちは晩婚だから」と、遠慮気味におっしゃるカップルが、少なくありません。この発言から、「だから、結婚式では、あまり派手なことはしたくない」「自分たちを必要以上に良くみせるような結婚式の演出は、必要ない」といったご要望につながっていきます。もちろん、わたしたちはお客様のご要望をしっかり受け止め、ご満足いただける結婚式をプロデュースさしあげます。

何歳が晩婚?

ところで、以前のブログでも書きましたが、晩婚にはっきりとした定義はありません。2017年の「人口動態統計月報年計(概数)の概況」をみると、男性31.1歳、女性29.4歳が平均の初婚年齢であることがわかります。この年齢が、基準のひとつにはなるようです。

そのうえで、弊社のお客様のプロフィールを拝見すると、新郎様は40歳以上、新婦様は31歳以上といった状況でした。年々、男女ともに初婚年齢は上がっているようですが、結婚するカップル全体にたいし晩婚はどれくらいの割合なのでしょう?もういちど厚生労働省のデータをチェックしてみると、2018年1月~11月に結婚をしたカップルのなかでは、約30%を占めていたのが晩婚カップルだそうです。結婚式を挙げたか否かは、このデータからうかがい知ることはできません。

晩婚カップルの想い

ただ、たしかにデータもたいせつですが、ご自身の感覚だったり、置かれた環境もかかわってくるお話だと思います。むしろ、そちらのほうが影響はおおきいのかもしれませんね。同世代のご親族やご友人が、とっくに結婚して家庭を築いていたら、なんとなく気後れしてしまうことはあるでしょうし、わたしたちのお客様からは「どんな結婚式の演出なら大丈夫ですか?」「ウェディングドレスを着るのが、ちょっとはずかしい」といったご相談をお受けすることもあります。

晩婚カップルに似合う、結婚式の舞台

晩婚カップルにお似合いの、結婚式の舞台

上記のようなご相談にたいし、以前なら「結婚式はおふたりのものなので、堂々とおふたりの好きになさればいい」と、わたしたちスタッフは考えていました。ですが、それは第三者の理屈でしかなく、なによりも当人がお気になさっていることをたいせつに包んであげることがたいせつだと考えなおしました。強引に当方のサービスに引き寄せることをせず、おふたりが抵抗を感じないように・安心して自分たちらしい結婚式をたのしめることを第一にしたいと思っています。そういったわたしたちの想いが、「THE MOVIE W」の構想につながった部分もあります。ここからは、晩婚を気にするおふたりに、「THE MOVIE W」からいくつかご提案をさしあげたいと思います。THE MOVIE Wは、ふたりだけの結婚式をムービー化するウェディングプロデュースですので、ふたりだけで結婚式をあげる「舞台」について、スポットをあててみます。

本物の教会で結婚式

いまどきの結婚式場のチャペルは、スケール感があったり・デザイン性にすぐれていたり、ゲスト目線を意識したハードが多いように思います。ふたりだけの結婚式をあげるのは、すこし落ち着かないかもしれません。なお、わたしたちは、晩婚カップルとは「おとなのカップル」という認識です。チャペルの特徴にゆだねるのでなく、おふたりの個性がしっかりと表現できるような挙式が「おとなのカップル」にはふさわしいと思います。そこで、あたらしくできたようなチャペルでなく、歴史を刻んだ趣のある本物の教会をオススメしています。ただ、使用できる教会の数はかぎられています。だからこそ、結婚式の価値が増すともいえます。

 

大自然のなかで結婚式

たまに、「アウトドア(山や川)で、ウェディングパーティをしたいんだけど」といったご相談をいただくことがありますが、わたしたちはアウトドアのウェディングパーティには慎重です。

お料理を用意するなら衛生面にかなり注意が必要ですし、自然が引き起こす事故などにもじゅうぶん気を付けねばなりません。ですが、ふたりだけの結婚式なら、絶好の舞台だと思います。

ゲストの移動や食事やケガに気を配る必要がありませんし、うつくしい大空やはてしなく広がる緑を背景にすれば、かなりすてきな結婚式ムービーになることはまちがいありません。

街角で結婚式

街角は、フォトウェディングで撮影している風景を見かけたりします。が、THE MOVIE Wは映像撮影ですから、通行人にご迷惑をおかけすることなく、すばやく撮って撤収というわけにもいきません。よって、夜更けまたは夜明けの時間をめがけて、

まだ眠っている状態の街角を利用します。見慣れたはずの街角なのに、だれも歩いていないその雰囲気は、たしかに「非日常」を演出するにふさわしい空間です。

いかがでしょう。ほかにも、レンタルスペースをあつかうサイトには、興味深い建物や空間が、どんどんアップされています。従来の結婚式でレンタルスペースを使うことはあまりないわけですが、「ここはいったいどこ?」と思えるような撮り方をすれば、非常に見ごたえのある結婚式ムービーになります。ほかの結婚式スタイルもふくめ、ぜひおふたりにとってベストな選択をなさってくださいね。