ブログ

2021年12月27日

結婚式のこころづけってなんだ?

結婚式のこころづけって、なんだろう?

「こころづけ」って、ご存知ですか?いったい、日本の結婚式でどのような意味を持っているのか、書いてみたいと思います。そして、じっさいに結婚式で「こころづけ」をした・しなかった
おふたりのアンケートも交えて、その中身を具体的にみてまいります。さいごに、「こころづけ」って本当に必要なのか、わたしたちの考えも書いてみました。

 

結婚式のこころづけの意味とは?

結婚式のこころづけの意味って?
みなさん、「こころづけ」ってご存知ですか?漢字にすると、「心付け」と書きます。心に、付けるもの??いったい、心に付けるモノなんて、あるのでしょうか。辞書でしらべてみる
と、はじめにあがってきたのは「気をつけること。注意。配慮。心添え」でした。う~ん、じゃあ、モノではないってこと?つぎにあがってきた意味を見てみましょう。
「世話になる人に、感謝の気持ちを示すためにあたえる金銭や品物。祝儀。チップ」と、書かれていました。そう、今回のブログであつかうのは、こちらの意味を指す「こころづけ」
です。結婚式当日、結婚するおふたりあるいはその親御様から、感謝の気持ちをあらわすお礼として式場スタッフにわたすのが、「こころづけ」です。まさに、海外旅行においてホテルや
レストランでサービスを受けた際に、スタッフにわたすチップに等しいですね。結婚式のばあいだと、ウェディングプランナー、カメラマン、メイクスタッフに「こころづけ」を
わたすことになります。今回のブログでは、「こころづけ」の慣習についてくわしくチェック。そして、はたして現代において「こころづけ」はほんとうに必要なモノなのか?
みてまいりたいと思います。

「こころづけ」を、渡した?渡さなかった?

海外でホテルやレストランを利用すると、「こころづけ」(チップ)はもはや「常識」ですし、渡さなかったり・渡しそこねたりすると、スタッフさんに
「えっ、なんで?」という顔をされたり、あからさまにムッとされますよね。では、日本の結婚式における「こころづけ」って、どうなんでしょう?じっさいに結婚式を挙げたおふたり
のアンケートを入手しましたので、さっそくチェックしてみました。結婚式場のスタッフに「こころづけ」を渡したというおふたりは、約41%でした。渡さなかったおふたりは、
約59%で、渡したという回答をはるかに上回りました。渡した・渡してないの理由も、知ることができました。まず渡した理由としては、「親から教えてもらった」
「チップとおなじで、常識だと思った」「とてもお世話になったので、感謝の気持ちを表したかった」などでした。一方、渡さなかった理由としては、「結婚式は高い買い物だったし、
サービス料も含まれているし、充分だと思った」「そんな慣習があることは、知らなかった」「式場側から、必要ないと言われたから」といったものでした。

だれに渡した?いくら渡した?

では、「こころづけ」を渡したおふたりは、いったい式場スタッフのだれに・おいくら渡したのでしょう?まさか、式場スタッフ全員に?!いや、もちろんそういった方もいらっしゃる
はずです。まず、「こころづけ」の対象となる式場スタッフですが、その筆頭はやはりウェディング・プランナー。そして、介添え人、サービスキャプテン
(披露宴において新郎様新婦様のサポートをしつつ、サービス全体の進行などをチェックする)、カメラマン、メイクスタッフ、司会者などです。
つぎに、各スタッフに渡した「こころづけ」の平均額をみてまいりましょう。ウェディング・プランナー、介添え人、司会者で5,000円~10,000円。サービスキャプテン、カメラマン、
メイクスタッフで3,000円~10,000円、という結果でした。そしてほとんどのおふたりが、自分たちからでなく、親御様から各スタッフに渡してもらった、ということでした。

そのほかのチェックポイント

結婚式当日は、バタバタしたくないものです。前もって、もし、「こころづけ」を渡すつもりなら、前もって式場スタッフのリストなどを作っておいて、スムーズにダンドリよく済ませることがベストですね。
親御様から渡していただくのなら、なおさらリストは用意したほうがいいでしょう。また、ご祝儀同様に「こころづけ」も、新札がのぞましいです。銀行や郵便局にいって用意しましょう。
用意するといえば、お札をハダカのままで渡すことはNGですから、ご祝儀袋やポチ袋も用意していくことが必要です。また、品物を「こころづけ」として式場スタッフにわたす
おふたりもいらしゃるようです。たとえば、スイーツの詰め合わせなど。感謝の気持ちを表現するものとしてまちがってはいないのですが、式場スタッフはいそがしく走り回っている
ので、彼ら・彼女たちのポケットにスッと収まるものが好ましいと思います。

結婚式のこころづけって、必要なの?

結婚式のこころづけって、必要?
ここまで、「こころづけ」の意味や、その内容についてみてまいりました。そこで、あらためて「こころづけ」って本当に必要なのか、考えてみたいと思います。わたしの個人的な
考えですが・・・「いらない」と思います。拙い知識ですが、海外でサービス業に勤しむ人たちにチップをわたすのは、たしかそもそもそのことを前提にお給料が設定されているから。
日本ではそういった発想でお給料が設定されているわけではありませんし、結婚式は1つ1つのアイテムも高価です。おふたりが支払うべき対価は、じゅうぶんに含まれていると
思うのです。「こころづけ」のある・なしによってサービスの質が変わるはずはありませんし、そのようなサービスもあってはならないと思います。こういったことをしっかり理解している結婚式場・ウェディングプランナーなら、こころづけを丁重に辞退すると思います

これから結婚するおふたりは、どうかあまり慣習に振り回されず、式場スタッフのみなさんといっしょに、ステキな結婚式をつくりあげてくださいね。

じつは、30代以上の晩婚カップルは冷静に判断なさいますが、20代カップルがインターネットの記事などを鵜呑みにし、必要以上のお金を払ってしまうケースもあります。どうぞ、気を付けてください。