ブログ

2021年10月30日

場所にこだわろう

場所へのこだわり

コロナ禍のなか、結婚式をキャンセルしたり延期したりするカップルが大多数を占めるなか、なんとか結婚式を挙げようとするカップルも居ることは事実です。そこで出した答えは“自分たちらしさを追求すれば結婚式を実現できる”というものでした。その自分たちらしさとは「場所にこだわる」です。
今日はそんな結婚式を挙げる「場所」に関して紹介してみたいと思います。

 

結婚式場選びのポイント

場所選びのポイント

結婚の準備の最初の第一歩は式場選びでしょう。
結婚式場を決める際にカップルが重要視している要因とは?

 

会場の雰囲気

恐らくほとんどのカップルは、ブライダル専門誌やサイトをサーチしたり、自分が過去に列席した経験などをもとにその会場をイメージして、その会場の具体的な雰囲気をビジョン化して、その他の条件との兼ね合いを考慮して決めているのでしょう。

 

ロケーション(立地、アクセスや景色)

結婚式場のロケーションにはトレンドがありますが、それはいわゆる世の中のファッションや文化のトレンドと連動しています。“いま、○○(場所)が新しい”というトレンドスポットを紹介するフレーズを目にしたり耳にしたりますが、やはりそのエリアにあるホテルやゲストハウスに人気が集まることは確かです。

予算

そして、式場選びの根底にあるものがやはり予算でしょう。
“知名度”、“人気”、“ハード面”などを要因として、
1、 ラグジュアリーホテル
2、 ゲストハウス
3、 専門結婚式場
などがいわゆる高額な会場といえるでしょう。

 

規制概念を変えて

既成概念を変えよう

前述の人気のある結婚式場は、現状のコロナ禍のなか感染対策や様々な規制や制限があります。その現実を前に、“思い描いている結婚式ができない”というカップルも少なくなりません。ということで式場選びの概念を大きく変えて“自分たちらしい結婚式”を実現できる「場所」を探してみてはどうでしょうか。

レンタルスペースで探してみる

最近では結婚式場以外にも街の至るとこころで結婚式を挙げることができます。
*“むかし、○○だった”工場、銀行などを再生した施設
*レトロな建築の公共建物
*ナイトクラブやライブハウス
…などがあります。

両国国技館

相撲以外に様々なイベントで利用することが可能です。最大1000人以上の収容が可能です!?が少人数でも大丈夫です。全館にわたって結構フレキシブルに対応していただけるようです。

羽田空港

展望台フロアにある「スカイウエディング羽田」では挙式から披露宴まで執り行うことができます。目の前に滑走路を見ながら、また天候がよければ富士山ビューで挙げる結婚式も良いのではないでしょうか。

横浜スタジアム

野球好き、横浜DeNAベイスターズはもちろん、大規模ビックイベント風にというカップルにはうってつけでしょう。スコアボードを利用したり、リリーフカーで登場したり、バルーンリリースの演出などとても個性的、印象的な結婚式になること間違いなしです。