ブログ

2021年10月28日

結婚式とヴィーガン

ヴィーガンと結婚式の関係

「ヴィーガン」とはどういった意味でしょう。まずは、「ヴィーガン」についてブログを書いてみたいと思います。次に、新郎様もしくは新婦様が「ヴィーガン」だった場合と、あなた自身が「ヴィーガン」で結婚式に招待された場合について、書いてみます。さらに、結婚式場は「ヴィーガン」について、どのように対応してくれるのかも、調べました。

まずベジタリアンを知ろう

ベジタリアンについて知ろう
みなさんは、「ヴィーガン」というコトバを、ご存知ですか?あなたがヴィーガンなら、もちろんご存知ですね。ヴィーガンというコトバを聞いたことがない方、どんな意味だと思いますか?「完全菜食主義者」と、日本では訳されることが多いそうです。「なんだ、ベジタリンと一緒なんだ」と思った人も、多いのではないでしょうか。そうではないのです!ちなみに、少しお話が脱線しますが、ベジタリアンとは「ベジタブル」が由来ではないんですよ。ほとんどの人が、そう思い込んでいるのではないでしょうか??じつは、ラテン語のvegetus「ベジェトゥス」が、ベジタブルの「ベジ」の語源なのです。ちなみに「ベジェトゥス」とは、「新鮮な」「活力のある」「健全な」という意味をもっているそうです。18477年
(いまから約175年前!)に、イギリスで発足したベジタリアン協会において、はじめて用いられたコトバだそうです。そして、ベジタリアンのタイプは、たったひとつではありません。なんと、大きく4つのタイプに分かれます。

ラクト・ベジタリアン

まず、「ラクト・ベジタリアン」。植物性食品と乳製品は、口にします。

ラクト・オボ・ベジタリアン

つぎに、「ラクト・オボ・ベジタリアン」。植物性食品と乳製品、そして卵は口にます。

ペスコ・ベジタリアン

さらに、「ペスコ・ベジタリアン」。植物性食品と乳製品、そして卵、魚を口にします。

ヴィーガン

4つめが、「ヴィーガン」です。植物性食品のみ口にします。さらに、このような方たちは、健康や環境保全、人生の目的など、自ら望んでベジタリアンになったケースもあれば、アレルギーや持病などのやむを得ない理由で、ベジタリアンになったケースもあります。「ヴィーガン」にかんしては、1944年に、イギリスでヴィーガン協会が設立され、そこで命名されたとのことです。前述したように、イロイロなタイプの菜食主義者をさす総称ですが、ヴィーガンは乳製品も卵も含む、動物性食品をいっさい食べない「完全菜食主義者」のことなのです。さらには、「エシカル・ヴィーガン」と呼ばれる人たちもいます。食だけでなく、衣服やバッグなど、身の周りのものについて、動物由来を遠ざけます。このことは、動物たちの生命を尊重する考えからきています。レザーのバッグや毛皮のコートなどを、彼女たち・彼らが手にすることはありません。このように見ていくと、一概にはいえませんが、「ベジタリアン」は肉体の健康の
ため、「ヴィーガン」は心や生命を尊重しているように見受けられます。ベジタリアンからヴィーガンに移行する人が多いそうですよ。さて、もしあなたの結婚相手や、親友がヴィーガンだったら?結婚式はどうすればいいのでしょうか?そして、結婚式場は、どこまで対応をしてくれるのでしょうか?

あのひとがヴィーガンだったら

あのひとがヴィーガンの場合
たとえば、新郎様あるいは新婦様がベジタリアンやヴィーガンだったばあい。あるいは、あなたがヴィーガンで、結婚式に招待をされたばあい。これらのケースについて、みてまいりましょう。

新郎様または新婦様がベジタリアンやヴィーガン

もちろん、結婚式場を予約する前に、おふたりの間でしっかり話し合っておくべきですね。健康のためにベジタリアンやヴィーガンになったのなら、結婚式では多少の妥協もしてくれるかもしれませんが、アレルギーや持病だと話が別です。互いの考えや意見を丁寧に交換し、ぜひ納得できる着地点を見つけてください。

あなたがベジタリアンやヴィーガン

そして、もしあなたがベジタリアンあるいはヴィーガンで、結婚式に招待された場合。提供されたお料理を残すことも申し訳ないし、どこまで自分の意思・思考を貫いてもいいのか迷いますよね。たとえば、結婚が決まった新郎様あるいは新婦様からその後連絡がきたとき、結婚式の話題があがったときにさりげなく伝える、といった方法もあるかと思います。
その次のタイミングとしては、招待状が届いたときでしょうか。返信ハガキには、アレルギー有無を記載する箇所がありますので、そこに明記する方法です。ヴィーガンと書いても通じないこともありますから、「動物性食品を控えておりますので、できるかぎりで結構ですので、ご対応いただけますと幸いです」といった文面でしょうか。

結婚式場とヴィーガン

結婚式場のヴィーガン対応
対応してくれる式場はあります。いまどきは、お料理は試食会でしっかりチェックできますし、動物実験をしない化粧品ブランドもたくさんありますから、メイクも困ることはないと思います。ゲストのみなさまへご協力をいただく点としては、レザーのバッグや毛皮のコートを控えてもらうことでしょうか。招待状の中に、そのメッセージを盛り込めばいいと思います。あとは・・ウェディングケーキですね。たとえばケーキの代わりに、動物実験をしないブランドから発売されている石鹸を用いるとか。
いかがでしょう?現代は、さまざまな文化や価値観にあふれています。「自分とちがう」「意味がわからない」といった理由で、それらを拒絶することは難しい時代です。
拒絶するよりも、まずはいちど受け止めてみると、思いのほかスムーズに理解・共感できることも多いのではないでしょうか。それは、自分自身の可能性や思考の幅をひろげる良い機会にもなると思います。