ブログ

2021年10月17日

二人らしい演出を考えよう

f二人らしい演出を

結婚式にとって必要不可欠な「演出」、それにはどのようなものがあるのか?最も一般的な「音楽演出」から、場面ごとの演出=挙式、披露宴と人気のものから、少し変わったものまで、たくさんの演出を紹介しています。それらの情報をもとに演出の持つパワーを知っていただき、ぜひお二人らしい演出考え、計画を立てていただければと思います。

 

演出の種類

定番の演出

 

結婚式の演出と一言で言っても、定番的なものから一風変わったもの、費用の掛からないものから高額なお金を掛けて手配するものと選択肢はたくさんあります。
定番的な演出の代表としては「音楽演出」でしょう。そのほか挙式内での心あたたまる演出や、披露宴での派手な演出まで…せっかくのおめでたい最高の一日、二人らしい演出を計画して、自分たちはもちろん、ゲストにも思いっきり楽しんでもらいましょう。

定番の「音楽演出」

ほとんどの結婚式では「音楽演出」が手配されています。それは新婦の衣装はウエディングドレスと同じぐらい今日では当然かつ代表的な演出アイテムです。挙式の音楽演出は、会場側のアレンジによりすでに決まっている場合が多く、チャペルでの挙式はオルガンなどの鍵盤楽器、聖歌隊などを中心にバイオリン、フルート、ハープなどの編成が人気で、式次第それぞれのシーンで決められた楽曲を演奏したり歌唱したりします。披露宴での音楽演出では、予め新郎新婦が各シーンごとに自分の好きな楽曲を選び、披露宴会場に設置された音響操作を司るPA卓から演出やBGMとして楽曲を流します。
これらの「音楽演出」により、セレモニーや宴はより感動的に印象的になります。そして新郎新婦をはじめゲストの皆さんの心に忘れがたい記憶として永遠に刻まれることでしょう。

 

挙式での演出

挙式は結婚式のスタートでその分インパクトがあるといえるでしょう。最近の挙式ではいくつかの人気のある演出が施されていることがあります。
*ベールダウンセレモニー
新婦入場の際、参列者が見守るなか、お母様が新婦のベールを下ろし、災いから守るという厳粛なセレモニーです。
*リングボーイ、リングガール
新婦入場の際、新郎新婦の結婚指輪を先導しながら祭壇まで運んだり、指輪交換の際、新郎新婦に指輪をとどけたりします。とても微笑ましく場が和む演出です。
*フラワーシャワー
挙式が終了退場の際、バージンロード両サイドのゲストから花びらのシャワーを浴びせるというとても華やかで人気のある演出です。

人気の演出

人気のある演出

 

最近披露宴の演出で人気があるものとしては…
*ムービングプロジェクターによるオープニングムービー
開宴=新婦が入場する際、最大限に盛り上げる演出として会場内に設置されたムービングプロジェクターにより映像(ムービー)を上映します。新郎新婦自身のプロフィールや二人のなれそめや軌跡をコンパクトに納め上映とともに開宴を盛り上げます。
*サプライズ演出
最近の結婚式で人気が高い演出が「サプライズ演出」でしょう。
新郎が新婦に内緒で楽器演奏を披露するといういわゆる定番サプライズや、欧米ではベストマンと言われる友人たちと歌やダンスを新婦にプレゼンとするハイセンスなものもあります。「フラッシュモブ」は数年まえにブームになりましたが、準備が大変である、プロに頼むと高額な費用が掛かるなどの理由で需要は減少傾向です。そのほか少数派ではありますが、芸能人から結婚式のお祝いビデオレターが届くもの、新郎新婦の生い立ちを感動的に脚色して役者が演じるお芝居の演出などが話題になりました。
*友人による余興
結婚式の披露宴には必ずと言ってよいほど友人による「余興」の時間があります。これは新郎新婦がアレンジ、手配する演出ではなく、ゲスト側からの心のこもった「手作りの演出」と言えるでしょう。一般的には歌をうたったり、バンド演奏したり、ダンスをしたり、自作の映像を披露したりと様々ですが、新郎新婦にとっては結婚式のなかで唯一予め中身を知らないパート(時間)ということになりますので、本当に楽しそうに、ときには感動で涙する新郎新婦もいらっしゃいます。

 

そのほかの演出

その他の演出は?

前述の演出のほかにも、結婚式の演出には費用をあまり掛けずにできるものもあります。以下紹介しましょう。
*ブーケブートニアセレモニー
*リボンワンズ
*ベルセレモニー
*キャンドルリレー
*リングリレー
*ファミリーオース(家族の誓いのセレモニー)
*バルーンスパーク、バルーンリリース
*ブーケトス、ブーケプルズ
*ドレス当てクイズ
*オリジナルマスク
*フォトプロップス

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • はてなブックマークはてなブックマーク
  • LINELINE

当社へのお問い合わせはこちらから