ブログ

2021年12月2日

結婚式の内祝いについて学ぼう

内祝いのことを学ぼう

「内祝い」ということばを聞いたことはありますか?「内祝い」とは、結婚祝いのお返しのことです。どんなケースで必要なのか・お返しをするときに、どんなことに注意しなければならないのか、ブログに
まとめてみました。ポイントは、ルールと気持ちです。結婚は、人生のあたらしいスタート。ぜひルールと気持ちをたいせつに、よりよい人生を歩んでください。

 

「内祝い」のキホン

内祝いの基本について
内祝いとは、おふたりが結婚をした際に、いただいた結婚祝いにたいする「お返し」のことです。「うちいわい」と読みます。品物(ギフト)に感謝の言葉を添えて、気持ちを相手に伝えます。

内祝いが必要なとき

まず、おふたりが結婚式を挙げたとして、その場に列席されたゲストに内祝いを用意する必要はありません。ご祝儀やプレゼントをいただいたお返しとして、お料理や引出物・引き菓子用意しているからです。内祝いが必要なケースは、結婚式に列席しなかった方から結婚祝いをいただいた場合。そして、結婚式自体をしないおふたりもいらっしゃると思いますが、それでも結婚祝いをいただいた場合です。結婚式を挙げたばあい、その準備に奔走したり・済んだあとはホッとして内祝いをご用意することをすっかり忘れていたといったケースがよくあるので、気を付けたほうがいいと思います。つまり、ご祝儀がかかわってくる部分については、キチンとした対応をするか否かによって、みなさんのお気持ちも左右されるといえます。すべての方々に喜んでいただけるようにしたいものです。

熨斗をわすれずに!

熨斗を忘れる人も多いので、要注意です!ちなみに内祝いの場合は、水引は紅白の結び切りをえらびます。水引というのは、和紙でできた飾り紐のことです。百貨店に入っているショップ等で内祝いを購入すると、熨斗紙にすでに水引が印刷されている場合が多いです。ちなみに、紅白の結び切りには、結婚は一度きりであり、末永く幸せでいられるようにという願いが込められています。また、表書きも忘れないようにしましょう。水引の上部に「内祝い」あるいは「寿」と書いて、その下部に自分たち(結婚するふたりのこと)の名前を書きます。旧姓は用いず、結婚後の姓のみです。あるいは、夫婦連名します。そのばあい、夫となる人のフルネーム、そしてその横に妻の名前だけを書きます。

贈る際のマナーについて

郵送で結婚祝いをいただいたら、すぐにお礼のお電話かあるいはお礼状を送ります。やはり、電話がベストだと思います。感謝の気持ちが伝わりやすいですし、すぐにお礼の連絡がくると、送り主としても嬉しいはずです。一般的に、結婚祝いを送るのは結婚式の2ケ月前から1週間前ですので、結婚式の準備にバタバタと追われている現実もあるでしょうが、忘れることなく気を付けたいところです。

内祝いは、ここに注意!

内祝いの、ここに注意しよう
さぁ、ここから先は、内祝いにかんする注意点です。

相場について

いただいたご祝儀やプレゼントの半額が、内祝いの金額に相当します。たとえば3万円のご祝儀をいただいたとしたら、1万5千円が内祝いの相場となります。このことを、「半返し」といいます。親戚などからさらに高額のご祝儀をいただくケースもあるかと思いますが、その場合は1/3程度の予算で内祝いをお返しするのが一般的です。「半返し」にこだわりすぎたり、完ぺきに計算をしすぎると、かえって失礼な状況を招いてしまうので注意しましょう。一方、後輩や勤務先の部下から結婚祝いをいただいた場合は、逆に同額程度の内祝いをお返しします。

相手との関係性

たとえばご親せきに内祝いを渡すのなら、カタログギフトが無難だと思います。長らく会ってなかったり・年齢が離れていたりすると好みもわからないですし、相手にえらんでもらうカタチなら双方にとっても安心かと思います。職場の方にたいしては、連名でお祝いをいただくケースも多いと思います。ですので、みんなで取り分けられるものがいいと思います。たとえばお菓子などが該当しますね。ただし、コンビニなどで見かけるようなお菓子はNGです。百貨店などで購入することを、オススメします。そしてご友人の場合ですが、普段から仲の良い人なら比較的好みもわかりそうです。わからない場合は、さりげなく探ってみるのもいいですね。タオルなど、家庭で使える無難な品物でもいいですし、お酒がすきな人なら日本酒やワインでもすてきだと思いますよ。

内祝いで、えらんではいけない品物

せっかくここまで書いたことをふまえて内祝いをお渡ししても、えらんではいけない品物だったら相手を不快にしたり・ガッカリさせてしまうことになりかねません。「縁起物」であるかないかは、いまも重視されることが多いので、注意をしたいところです。
以下のような品物を、えらばないように注意しましょう。
・現金。3万円のご祝儀にたいし1万5千円をお返しされたら・・半額を突っ返された気分に
・縁起のよくない物。たとえば、刃物。「縁が切れる」ことを想像させます。なにより、コワイ。
・肌着。意外ですか?「服も買えないほど困窮している」と思わせてしまう心配があります。

ルールと「気持ち」がたいせつ

ここまでルールについて書くことが多かったのですが、日本人はルールを重んじる人種ですから、ここはじゅうぶん気を付けたい部分です。そしてもうひとつ、たいせつなものはやはり「気持ち」。ルールにもとづいて機械的に内祝いをお渡ししても、受け取った人はうれしくはないでしょう。そこにはやはり、感謝の気持ちを込めることが大前提です。
結婚はあらたな人生のスタートですから、あらためて周囲の皆様との関係性を見つめ直し、さらに良い人生とするために、ルールと気持ちをたいせつにしてくださいね。