ブログ

2021年10月19日

日本の結婚式「ここがヘンだよ」

日本の結婚式は変だと思う

今回は、外国人からみた日本の結婚式で、「ここがヘン」「奇妙だ」と指摘される点をピックアップ。いったい、どういったところが外国人にとって奇異にうつるのでしょう?共通して多いのは、「贅沢すぎる」といった意見。一方で、外国の結婚式ってどうなんでしょう?比較してみることで、未来の結婚式のヒントが見つかるかもしれません。

 

外国からみた日本の結婚式

 

むかしから、外国の人たちは「ニホンのケッコンシキって、理解できない」と言いますね。(それらしく読めるように、一部をカタカナで表記してみました)世界中のそれぞれの国に、独自の文化や考え方があるわけで、結婚式にもそれらが大なり小なり反映されます。わたしたち日本人からみれば、「なんでそんなコトするの?!」みたいな海外の結婚式も、たくさんあります。外国の人たちから「おかしい」「ヘンだ」と指摘されたからといって、イコールまちがっているというわけではないのですが、参考までに耳を傾けてみると、中には「フムフム、たしかにそれはそうだな」と思えることもあります。これから結婚式を挙げる予定のカップルなら、そういったことを学んで、自分たちの結婚式に活かしてみてもいいですね!では、「ここがヘンだよ日本の結婚式」みてまいりましょう。

日本の結婚式は、ご祝儀が高すぎる!

この指摘は、かなり多いですね!日本に移住して、日本の企業に勤務している外国人の、悲鳴にちかい?指摘です。同僚や部下がおおい立場の外国人は、戦々恐々といったところでしょうか。

日本の結婚式は、なんでこんなに豪華なの?

見た目もすばらしいフルコース、メニューも豊富なドリンク、行きかうたくさんのサービススタッフ・・。これも、外国の方々からすれば違和感をおぼえる光景だそうです。
「そりゃ、ご祝儀が3万円、5万円もするわけだ」と、皮肉もこめたナットクの声もすくなくありません。「けっきょく、この豪華な空間のおカネを払っているのは、自分たちゲストじゃないの?」といった感じ方をする人も多いようです。

日本の結婚式は、スピーチがながすぎる!(しかも退屈)

この件については、ごもっともだと言える部分も。むかしから、日本の披露宴におけるスピーチは長いですね。いや、学校行事の校長や先生の話も長いし、スピーチが長めの人種なのでしょうか?日本人って。わたしも、何度か大勢の前で話したり・披露宴でスピーチをしましたが、長すぎたかも・・といつも反省していました。その原因としては、緊張して時間の感覚がわからなくなってしまう・あれもこれも言わねばという焦りから、まとまりが悪くなるといったものがあります。そして、すこしタチがわるいのは、ウケねらいの一言がじっさいにウケると、調子に乗ってしまうことです。これは、心当たりある人もいるのではないでしょうか??それにひきかえ外国の方々は、人前でのスピーチが慣れているというか、じつに上手に聴衆を惹きつけるので、彼らからすれば日本の披露宴のスピーチがながすぎる・退屈に思えるのではないでしょうか。

じゃあ、外国の結婚式はステキなの?

外国の結婚式はステキなのか

では一方で、外国の結婚式はステキなのでしょうか?日本人からみて、ツッコミどころ満載なんてことはないのでしょうか。

ウィッシュリスト

コレ、なにかわかりますか?なんと新郎様新婦様が、自分たちのほしいもの(プレゼントしてほしいもの)をリストにまとめて、事前に公開。それらをゲストが用意して持ち寄るというものです。これは日本人にはまったくなじみのないやり方ですね!でも、ふたりがほしいものとゲストからのプレゼントがまちがいなく一致するわけですから、双方にとって非常に納得感のあるやりとりのような気がします。ところで、ウィッシュリストには、いったいどんな商品がピックアップされているのでしょうか。まさかズラリと高級な商品がならんでいる、といったことはないですよね?

カジュアルスタイルでたのしむ

ガーデンでブッフェを楽しんだり、音楽がかわるとみんなでダンスを踊りはじめたり・・。映画などでも、よく登場するシーンですね。さらに雨が降ってきたりなんかしても、にぎやかな様子で屋根のある場所に移動したりして、あまり意に介さないというかそれさえも楽しんでいるというか。とにかく、格式や豪華さには、こだわらないようです。日本の結婚式場の広告やホームページなどをみると、「ジブンたちらしい結婚式」といったフレーズをよく見かけますが、もしかすると外国の結婚式のほうが、ジブンたちらしさを表現できているのかもしれません。つまり日本の結婚式は、「ジブンたちらしさ」でなく「格式を重んじたハレの日」を演出するのが、得意なのかもしれません。結婚式のスタイルとして、どちらが良い・悪いというわけではありませんね。それよりたいせつなことは、結婚するふたりがどんな結婚式をしたいのか。そして、お招きするゲストに、どんな風にお楽しみいただけるかだと思います。ぜひみなさんも、そんな結婚式をめざして、そしてステキな想い出をつくってくださいね。