ブログ

2021年10月18日

結婚式場選びを、失敗しないために

まず、結婚式場えらびを失敗する原因について、いくつかピックアップしてみます。共通する対策としては、その場で即決をしないということ。どんな魅力的なプランや特典を提示されても、焦らずに即決を避けて、持ち帰ることをオススメします。即決に惑わされないで、冷静に検討できる方法も、いくつか挙げてみました。

 

結婚式場えらびを失敗する原因

式場選び失敗の原因

一生に一度の結婚式です。その舞台(結婚式場)選びは、失敗したくないですよね。ですが、口コミサイトなどを見ると、かならずしもすべてのカップルが満足をした、というわけではなさそうです。結婚式式場への不満であったり、なかにはクレームに発展したという悲しい事態も。こういったことは結婚式にかぎらず、どんな業界でも起こっていることといえますが、結婚式のばあいは前述したとおり一生に一度のお祝い事ですし、高額な買い物でもあるわけですから、やはり失敗したり・後悔するようなことは避けたいですよね。今回のブログテーマは、「結婚式場選びを、失敗しないために」です。なぜ結婚式場えらびを失敗してしまうのか?失敗しないようにするためには、どうすればいいのか?
これから結婚式場を検討する予定のカップルに、ぜひご参考にしていただければと思います。

見学1軒目で即決してしまう

この理由、かなり多いと思います。「仕事が忙しいから、そんな何軒も見学に行ってるヒマなんてないよ」というカップルもいらっしゃるでしょう。ただほとんどのカップルは、「いきなり見学1軒目で成約をするわけないし、3、4軒は見学するつもり」と、考えているのではないでしょうか。じゃあ、どうして1軒目で成約をしてしまうカップルがいるのか?下記のような要因があると思います。
①何時間も拘束されてヘトヘトになって、もうこれ以上見学するのがイヤになった
②担当してくれたウェディングプランナーのことが、とっても気に入った
③この場で成約すればという条件で、大幅値引きをしてもらえた
以前から、とても気になっていた結婚式場があって、「はじめから即決するつもりでいた」というケースも、もちろんあると思います。けっか、それで後悔がなかったのなら、それ以上ハッピーなことはないですよね!②③は、新郎様新婦様のお気持ちが、とてもよくわかります。非常に魅力的に映りますし、しかしこの点については後述しますが、注意すべき点があります。①も要注意です。新郎様新婦様から求めて見学が長時間におよぶのならまだしも、結婚式場の作戦?で拘束されることは、なんとしても避けたいですね。

初期見積りを信じてしまう

〇〇特典や〇〇値引きといった項目がならび、さらに「即決特典(または値引き)」があれば、さすがに「やすい!」と感じてしまいます。だけどその見積りには、必要なアイテムはキチンと含まれていますか?そもそも内容が不完全な見積りだと、あとからドンドン追加して額がふくらんでいく結果となり、結婚式場への不信感なども募ってしまうことになります。初期見積りは、あくまで初期見積りです。

ウェディングプランナーで決めてしまう

前述しましたが、気が合うことをはじめ、とても熱心だったり・知識や経験が豊富なウェディングプランナーに出会えば、「この人に担当してほしい!」と思いますよね。けっして、間違ってはいません。じゃあ、どこに注意点があるかというと、いざ打合せがスタートするとき、担当ウェディングプランナーが変更になる可能性があるからなのです。

 

失敗しない結婚式場のえらびかた

失敗しないための式場の選び方

では、失敗しない結婚式場のえらびかたをみていきましょう!

エージェントに相談する

エージェントとは、結婚式場紹介所のことです。大手が運営するエージェントは、全国各地にあります。こういったサービスをじょうずに利用し、第三者からの情報・アドバイスを得ながら、結婚式場を見学します。見学時、どれだけ魅力をかんじてもそこはグッとこらえて、エージェントに相談をします。エージェントも立場上、はっきり良し悪しは言えないと思いますが、ふたりが理想の結婚式場に出会うまで、しっかりお付き合いしてくれるはずです。

一貫制かどうか確認する

打合せがスタートするタイミングで、担当のウェディングプランナーが変わることは、よくあります。これを、「分業制」といいます。おおきな婚礼施設や、施行件数が多い婚礼施設では、この「分業制」が採用されていることがよくあります。一方で、見学時から結婚式当日まで、おなじウェディングプランナーが担当してくれることを「一貫制」といいます。「一貫制」がゼッタイいい!と思う新郎様新婦様は、成約前に確認をしたほうがいいですね。

口コミサイトをよく見る

いまどき、ほとんどの人はチェックしていると思いますが、やはり口コミに目を通すことは大切ですね。気になる口コミがあったら、ウェディングプランナーに質問や相談をしてみてもいいと思います。その際、口コミを鵜呑みにしないことです。なかには、投稿者の主観にすぎないケースもありますし、冷静に・言葉をえらんで、友好的にウェディングプランナーに聞いてみましょう。