ブログ

2021年10月28日

結婚式の写真、どんなふうに残す?

結婚式の写真の残し方

結婚式アイテムのなかでも1、2位の人気をあらそう「アルバム」。とはいっても、さまざまな種類と価格帯があります。どんなものがあるのか、いっしょにみていきましょう。そして、アルバムを結婚式場にオーダーするばあい・オーダーしないばあい、どんみなさんと一緒にみていきましょう。

結婚式のアルバム、ほしいけど・・

結婚式のアルバムほしい。だけど・・
結婚式で人気のアイテムといえば、1、2位をあらそうのが「アルバム」ではないでしょうか。結婚式というのは、旅行やディズニーランドで楽しむことと同じように“無形”の想い出づくりですから、やはり何かしらのカタチを残したいというご意見が、圧倒的に多いと思います。その代表的なアイテムが、「アルバム」ですね。ところが、打ち合わせ・準備も順調に進んで、いよいよアルバムを検討する段階になったとき、「ううっ・・」となってしまうおふたりが、少なからずいらっしゃいます。なぜか?そのおおきな原因は、やはり金額。「アルバム」は、高価なのです。一生に一度の想い出だし、金額だけで決めたくはない。だけどアルバム以外にも、エンドロール、お色直しのカラードレス、デザートブッフェなどなど、ほしいものがいっぱいある。さぁ、どうしよう・・。

結婚式の写真をのこす方法

結婚式の写真をのこすには
はたして、アルバムだけが結婚式の写真をのこす方法でしょうか。結婚式場のアルバムを依頼しないばあい・依頼するばあい・そのほかの3パターンについて、みてまいりましょう。

結婚式場にアルバムをオーダーしない場合

結婚するおふたりによって、優先順位やこだわり・ご予算の事情はさまざまです。けっか、結婚式場にアルバムをオーダーしないと決心したばあい・・もう、写真を記念に残すことは、あきらめるしかないのでしょうか?いえ、まだ方法は残されています。それは、親族やお友だちが撮ってくれたお写真を、譲ってもらうことです。この方法の良いところは、なんといっても無料であること。そして写真はすべて、ゲスト目線のアングルであること。「ゲストからは、わたしたちの結婚式がこんな風に見えていたんだ」と
よくわかるので、結婚式から数日たって、あたらしい発見もできて楽しめるかもしれません。その反面、ゲストのみなさまはプロのカメラマンではないので、ずっとシャッターチャンスを狙って過ごすわけではありません。肝心なシーンが撮れていなかったり、すてきな場面をせっかく抑えてくれていても、撮り方がイマイチだったり、(たまたま)ぜんぜん笑っていないゲストの顔が映り込んでいたりする可能性はあるでしょう。笑ってないゲストの顔を見てしまうと、「楽しくなかったのかなあ」なんて、おもわず心配になりますね。やはりそういった点は、プロのカメラマンは抜かりがないのです。オーダーを受けてくれたプロにたいしてなら、「このシーンはぜったい撮ってほしい」といった要望を言えますが、ゲストのみなさまにそのようなことを言うのは、さすがにムズカシイと思います。たとえば親友だったら、なんでも遠慮なく話し合える仲ですから、事前にいろいろとリクエストをして、できるだけそのとおりの写真を撮ってもらうこともできるかもしれません。が、それ以外のゲストの方に、そこまでのことをお願いするというのは、やはり躊躇してしまいます。親せきのおじさん・おばさん、会社の上司や先輩・・。
このようなお願いを受け入れてくれるのは、親友以外だとあとはご兄妹くらいではないでしょうか。しかし、仮に引き受けてくれたとして、お願いしたとおりの写真が撮れてなかったとしても、責めることはできないですよね。

結婚式場にアルバムをオーダーする場合

それでは、ゲストにお願いするのでなく、結婚式場にアルバムをオーダーするばあい、どのような流れになるでしょうか。できるかぎりお安く済ませたいというご意見がおおいですから、まずはそのタイプのアルバムをチェックします。・・・ウ~ン、ものたりない・・。となることが、ほとんど。いちばん安いクラスのアルバムがどんなタイプかといいますと、挙式のみを撮影対象としたアルバムです。挙式のみのおふたりや、家族だけの少人数会食会がしたいおふたりなら、それでも充分かもしれません。ところが、披露宴をしたいおふたりにすれば・・やはり、披露宴のシーンもタップリ撮ってほしい。とてもこのタイプでは納得できません。さぁ、もうワンランク上のタイプを見てみましょう。たしかに披露宴シーンも含んでいるタイプがでてきました。しかし・・ページ数もさることながらカット数がすくない。そして、なんというか、デザイン性もイマイチで、やっぱりものたりない・・。そうやって、もうワンランク上、もうワンランク上と見ていくと、いよいよ上位ランクのタイプにたどりつきました。さぁ、価格は・・35万円でした。しかもこれは、税別です。非常に悩ましい!と思うおふたりが多いのではないでしょうか。一生の想い出になるものだから、金額だけじゃないし妥協だってしたくない。だけど一方で、ここまでの高価なアルバムがはたして必要なのか、という思いも。おふたりのあいだでも、意見が分かれるかもしれませんね。こういったシチュエーションになったときは、一度おふたりでゆっくりと頭の中を整理することです。なにがこだわりか・欲しいアイテムをズラリとならべて、優先順位を考えていけばいいと思います。

そのほか

結婚式場に、アルバムでなく写真データだけをオーダーするという方法があります。データとして手元に保管するか、プリントして手作りアルバムにするといった方向性になります。最近では、そういった写真データを引き受けて、かなりお安い価格でアルバムを製作してくれるサービスも登場していますね。

いかがでしょう?これから結婚式を挙げるおふたりにとって、多少でも参考になれば幸いです。