ブログ

2022年3月7日

ふたりだけの結婚式は、ここがイイ!

ふたりだけの結婚式は、ここが良いです!

まず、世界の結婚式が変わりつつある状況について、ご説明します。ゲスト招待型の豪華で盛大な結婚式(披露宴)から、少人数の会食会やふたりだけの結婚式をセレクトするカップルが増えてきているのです。

今回のブログでは、ふたりだけの結婚式にスポットをあてて、その魅力のいくつかを語ってみたいと思います。

 

結婚式の規模が変わってきた!

結婚式の規模が変わってきました!

いままでは、「たくさんゲストを招待して、にぎやかな披露宴にしたい」「おおくの友だちにかこまれて、しあわせな時間を過ごしたい」というご希望をもつカップルが多かったのですが、

この数年で結婚式にかんする価値観が、確実に変わってきました。その理由となっているのが、やはり新型コロナ・ウィルスの感染拡大です。ゲスト招待型の披露宴を、

不要不急とする声が、世界中で高まりました。披露宴は、感染の危険性が増す移動・集会・会食などすべての要素を含んでいるためで、致し方ない部分があります。

2022年3月現在、いまだ新型コロナ・ウィルスは収束せず、このような時代において世界の結婚式事情も変化し始めています。大人数でなく少人数の結婚式、そしてふたりだけの結婚式が増えてきているのです。

はじめは披露宴に未練のあったカップルも、「意外とよかった」「ふたりだけのほうがよかった」という、前向きな感想が予想以上に多いのです。

日本においても、これまでの結婚式のあり方に変化が生じています。こういった状況が引き金となって、

「披露宴って、ほんとうに必要なの?」「披露宴に招待されても行きたくない」「もう、祝儀は払いたくない」といった、多くのひとたちの本音?もSNSで飛び交うようになりました。

そして、ふたりだけの結婚式を選択し、そのスタイルをたのしむカップルが増えています。たとえば、いままで結婚式を躊躇していた晩婚カップルが、ふたりだけの結婚式を楽しんでらっしゃいます。

さらには、お仕事上ぜったいに感染はしたくない(させたくはない)医療従事者カップルです。

今回のブログでは、ふたりだけの結婚式の魅力にスポットを当ててみました。

すると、いくつもの魅力が見えてきました。「ゲストをよばないから、イイ!」と、「ふたりだけだから、イイ!」というように、おおきく2つに分けられるようです。

ゲストを招待しないからこそ、イイ!

ゲストを招待しないからこそ、イイのです!

ふたりだけの結婚式ということは、もちろんゲストを招待しないということです。一見、さびしい印象を受けますが、最近のカップルの捉え方はすこしちがうようです。

ゲストえらびに苦労しなくてすむ

たとえばご親族にかんしていえば、関係が深い人もいれば浅い人もいます。披露宴を開催するばあい、はたしてどこまでをご招待の範囲とするか、悩んでしまうこともあります。

会ったことさえないけど、親御様に相談したけっかご招待することになったというケースもあります。会社関係者もむずかしい場合がありますね。

いまは仕事上かかわることがなくても、将来に異動等で上司になる可能性のある方など、ご招待するか否かで迷ってしまいます。

人目を気にしなくていい

人見知りや人前がニガテなカップルだと、披露宴で多くのゲストの注目を浴びることは、けっして心地の良いものではありません。また逆に、

お食事歓談中のゲストのことをとても気にするカップルも、たくさんいらっしゃいます。「お料理は口に合うだろうか」「楽しく過ごせているだろうか」といった具体に。

ふたりだけの結婚式なら、だれの目を気にすることなく、だれに気を遣うこともないので、自分らしく結婚式を楽しむことができます。

評価を気にしなくていい

先ほども書きましたが、とくにお料理にかんするゲストの評価は、披露宴なら気になるところです。といっても、披露宴のなかでおひとりおひとり感想をきくわけにもいきません。

そもそも味覚は十人十色ですし、全員が満足できるお料理を提供するというのも、カンタンな事ではないのですが。このようなことも、

ふたりだけの結婚式ならばいっさい気にする必要がないわけです。

ふたりだけだからこそ、イイ!

ふたりだけだからこそ、イイのです!

ここまでは、ゲストを招待しないことによってうまれるメリットについて書いてみました。では、肝心のおふたりにとってのメリットについても、みていきましょう。

 

すきな場所・すきな時間にできる

結婚式場や町のチャペル(教会)でもいいですし、神社だってえらべます。もっとカジュアルに・もっと低予算というご要望なら、

今どきは個性的な施設がたくさんレンタルスペースとして開放されていますので、たくさんの選択肢があるといえます。さらには山や海など、アウトドアでも楽しめます。

アウトドアは、かなり絵になる結婚式ですが、ゲストを招待するとなるとアクセスや設備上の問題で(気温やお手洗いなど)、実現がむずかしいロケーションです。

結婚式場を予約する場合だと決められたタイムスケジュールに従うことになりますが、ふたりだけでレンタルスペースやアウトドアで結婚式をするなら、

かなり時間も自由です。たとえば、あなたがうまれた日時に結婚式を挙げるのは、いかがでしょう。言葉では言い尽くせない感謝の気持ちを、表現できると思います。

ふたりで仲良く準備できる

披露宴の準備は、複雑多岐にわたります。たびたび意見が分かれて、ときにおふたりの間でケンカがはじまることも。それにくらべて、ふたりだけの結婚式は準備も少なめで、

スムーズに運ぶことが魅力です。結婚式でいちばんやりたくない「ケンカ」をしないで済むことは、ふたりだけの結婚式ならではかも?

家庭の事情を気にしなくていい

新郎様と新婦様、それぞれに家庭の事情はあります。そういったこともいっさいに気にせず楽しめることが、ふたりだけの結婚式の良い点です。また、新郎様や新婦ご御本人も、

再婚などのご事情をふまえて結婚式に臨むといったことがあるかと思います。その場合も、ゲストの目を気にすることはありませんし、自分たちのやりたい結婚式ができます。