ブログ

2021年10月24日

インスタレーションで個性的な結婚式を

インスタレーションで楽しく

コロナを経験したことによって、これからの私たち生活は大きく変わるでしょう。
思考や文化もそうで、これまでの考え方ややり方とは違うものが次々と生まれてくるにちがいありません。結婚式もこれまでの概念にとらわれることなく新しいやり方で自由に執り行われる、そんな兆しがたくさんあります。そのなかでいま注目されているのが「インスタレーション」。今日はこの「インスタレーション」を取り入れ、新しく、楽しく、個性的な結婚式(=時間と空間)を計画してみたらという提案です。

 

「インスタレーション」とは?

 

インスタレーションって?

語源は“インストール”で、その意味は“設置する”です。アートの世界でよく使われることばで、通常のアート作品とはその「もの」のことを指しますが、「インスタレーション」は作品を“設置した”その空間自体がアートを表現する作品であるということです。また、視覚や聴覚のみならず、五感で体感、味わうことも特徴です。

インスタレーション×結婚式

 

結婚式でのインスタレーション

では、実際に結婚式でインスタレーションを取り入れるとしたら、どのようなものがあるのでしょうか。
近年海外ではこの「インスタレーション」を用いたあらゆるシーンやイベント、そしてウエディングパーティーも行われています。

ブーケ
 ブーケとは決して新婦だけのものではありません。本来は花束、花のアレンジというカテゴリーです。
 アメリカではこのブーケをモチーフにしたインスタレーションが人気があります。ウエディングパー 
 ティーはもちろん、街角の電話ボックスにたくさんの花をアレンジしたものなどもあります。

フラワーウォール

 最近日本でもグラスウォールは街中や商業施設などでよく目にします。フラワーウォールもインスタ
 映えする最高のオブジェ=インスタレーションとして注目を浴びています。ただ、その大きさや花の
 量によってはかなり高額になるので要注意ですね。

ソファーラウンジ

披露宴会場の一角にデザインやカラーに凝り、装飾を施したソファーラウンジをインスタレーショ
ンすれば、インスタ用の写真ブースとして、新郎新婦とのリラックススペースとして活用すること
ができると話題を呼んでいます。

料理

デザートバッフェ形式で、デザートはもちろん、フィンガーフードなど料理も、思考を凝らしたデ
ザインやモチーフでオブジェとしてディスプレイと共に提供します。大規模なものならフードトラックを会場に入れたり、自転車でリアーカーを引きながらサーブしたり…ととても楽しそうです。
また、ワインやシャンパンなどのテイスティングコーナーをインスタレーションとして設置するパーティーも人気があります。

プラスアルファで

そのほか、結婚式の色々な演出や仕掛けをインスタレーションと組み合わせれば、個性的で唯一無二の結婚式を実現できるのではなでしょうか!?
*花火や光の演出
*バルーンやキャンドル
*香水やアロマで匂いの演出
…など。