ブログ

2021年11月19日

なに着ていく?結婚式

ゲストのファッション

仕事柄今までたくさんの結婚式を見てきました。そしてたくさんのゲストのおしゃれな服装も、そうでない服装も見てきました。それで感じることは、良い意味でも悪い意味でもゲスト(特に新郎新婦の友人)の方々の服装はとても統一化されている(似かよっている)ということです。それは男性も女性も結婚式に招待されているという立場をわきまえ、しっかりとマナーを守っているからでしょう。海外(特に欧米)も同様で雑誌などでセレブや有名人の結婚式レポートを見ると男性はタキシードが定番で、女性はパーティードレスが一般的のようです。

 

 

ドレスコードを意識する

ドレスコードをもとに

 

パーティーや宴会では主催者が招待客や参加者を対象に服装の規定=〝ドレスコード″を設定することがあります。特にフォーマルなパーティー、宴会ではそれは必須です。結婚式も基本的にはフォーマルな宴会ですから招待されたひとはこのドレスコードを基準にまた守りながら当日の服装を決めるべきでしょう。基本的には「ブラック&タイ」のようにフォーマルのドレスコードを採用すれば間違いはありませんが、結婚式において特に女性は〝白色″の装いは避けるのが常識と言えるでしょう。また最近の新郎新婦は自分たちの結婚式のテーマやコンセプトを打ち出しているので、そのコンセプトにマッチしたドレスコードを指定される結婚式も増えています。

 

 

女性ゲストの服装

女性ゲストのファッション

 

結婚式はパーティーという楽しい要素だけではなくセレモニーなど厳粛な一面も備えています。女性の服装は男性に比べ華やかさがありますが、その中にも礼節や礼儀を弁えたものを選ぶべきでしょう。洋装ならばワンピースやツーピース、パンツスーツやショート丈のドレスなどが挙げられます。和装ならば既婚女性は訪問着、未婚女性は振袖を選ぶことが一般的です。

 

コーディネートを考えよう

ドレスコードを基準に考えると、昼と夜の装いは違いますが、日本の場合また一般的な結婚式での習慣ではさほど気にする必要なないでしょう。ただし、主催者=新郎新婦の意向に従うことが大前提ですから招待状にドレスコードの特記がある場合はそれに準じてコーディネートしなければなりません。
結婚式での女性の「主役は新婦」ということを前提にすることが大切です。あまり奇抜で目立つような服装は避けましょう。デザインとしてはあまり露出が多いのはお勧めできませんし、スカート丈もあまり短すぎたり引きずるようなドレスもNGと考えるのが無難です。色目は前述のとおり〝白色″は避けましょう。またビビットすぎたり蛍光色も結婚式には不似合いでしょうし、全面アニマル柄は論外です。素材に関してはできるだけ高級感のあるものを選ぶ方が多いようですが、そこまで強い決まりはないのが現状だと思います。また靴やバッグ、アクセサリーもコーディネートの重要なポイントです。前述の服装選びの注意ポイントと同様NGアイテムには気をつけるべきですが、ワンポイントとして選ぶなど、服装よりもある程度自由度はあると考えてもよいでしょう。

 

 

男性ゲストの服装

男性ゲストのファッション

女性と比較すると、そのスタイルはある程度統一されていて狭いといえるでしょう。ただ、最近では女性よりもおしゃれに気をつかう、特に若い年代の男性が多いので、結婚式の男性ファッションも幅が広がり選択肢が増えているのも確かです。

 

コーディネートを考えよう

女性の場合と同様に結婚式での男性の「主役は新郎です」から、新郎の装いを基準になりますからあまり主張の強い服装は避けましょう。一般的なドレスコードに準ずるか、新郎新婦のコンセプトに基づくドレスコードがある場合はそれを最優先しましょう。男性の場合の礼装といえば黒の礼服、タキシードかスーツになりますが、現代の結婚式での一般的な通念では、特に友人としてはタキシードまでの礼装は珍しいのではないかと思います。また、お父様や近い関係の親族の方よりも〝リキの入った礼装″も考えものかも知れません。そう考えると、黒か紺のフォーマルスーツが最も適しているのではないでしょうか。ここでの注意点はビジネススーツは避けるべき、色目でたまに目にする〝グレー″も祝いの席ではNGです。また、セットアップコーディネートのいわゆる〝ジャケパン″に関しても新郎新婦の決めたドレスコードに準じていれば問題はありませんが、そうでない限りあえてそれを着るのは避けましょう。たとえばスーツにベストと蝶ネクタイなど小物使いなどで工夫してみてはいかがでしょう。靴やバッグなどにも気を配りましょう。靴は普段履いているビジネス仕様はできれば避けたいところですが、わざわざ新調するまでは…という場合はきれいに磨きましょう。バッグもビジネスバッグは見た目不似合いな感じが否めないのでは?またリュックサックはNGでしょう。ほとんどの男性ゲストは手ぶらか。最近ではクラッチバッグをサラッと持っているおしゃれ男子も見るようになりました。