ブログ

2022年2月2日

結婚式に行きたくない、は解決できる?

結婚式に行きたくない、を解決できるかな?

華やかで・祝福につつまれる結婚式。だけど、ご招待いただいても困る・・というゲストからの声もあります。いったい、どんな理由なのか?みてまいりましょう。
そして、「行きたくない」結婚式の招待状を受け取ったとき、どうすればいいのか?そんなときの考え方や対応などについても、書いてみました。ぜひ、今後のご参考にしてください。

「結婚式に行きたくない」理由って?

 

「結婚式に行きたくない」理由とは?

華やかで・幸せな結婚式の舞台。招待されたら、「何を着て行こう♪」とか「どんなふうに、お祝いをしよう」なんて、ワクワクしますよね。え?しない?それどころか、行きたくないですって?
そう、こういったケースはたしかにあるのです。たとえば、どうような理由からでしょう?。

職場の上司や先輩の結婚式

もちろん、同期や後輩でもいのですが。いずれにせよ、とくにおシゴトとプライベートを完全に切り離している人にとっては、ちょっと悩ましいですね。
好きになれない職場だったら、なおさらかもしれません。こころから祝福するのもムズカシイですし、かといって、出席をお断りしたけっか職場の人間関係が気まずくなったり、
おシゴトに何かしら支障がでるのもイヤだし。

もう親しくない友人からの招待

かつては仲の良かった友人。だけどじょじょに会う機会や連絡のやりとりも減り、いまやその想い出さえかなり色あせているところへ・・・
「結婚することになりました!ぜひ、結婚式にきてね♪」と、招待状が・・。「いまさら??」となるのも、致し方ないですね。だってもはや、
どこで・どんなふうに過ごしているのかわからない元・友人。どんな顔をしてお祝いに駆けつけていいのか、わかりません。これがシンプルにランチ会とかだったら、
ひさびさに会えることも楽しみかもしれませんが。

ハッキリいって、仲よくない友人からの招待

これはけっして、仲が悪いとかキライといった関係のことではありません(そこまでこじれていたら、たぶん招待されることもないでしょう)。
いっしょのお友だちグループではあるけれど、ふたりでゆっくり話したことはないとか、みんなで遊びに行くのはいいけど、ふたりで出かけるのはちょっと・・といった間柄ですね。
もう親しくない友人同様、どんな顔でお祝いしていいか、迷います。

ハッキリいって、おカネがない!

かなり切実な問題です。仲いいお友だち・尊敬できる先輩の結婚式なのに、おカネがないから参列できないなんて、緊急事態です。

すなおな気持ちでお祝いできない

こ、これは?たとえば、まわりの人たちがどんどん結婚して、自分ともうひとりのお友だちだけが独身。お酒の席で、一生独身をつらぬこうなんて誓い合った仲なのに、
そのお友だちもついに結婚することに。おもわず「おめでとう」より先に「さ、さみしい!」と言ってしまいそうなパターンですね。すなおな気持ちでお祝いできない自分のことを、
イヤになることも。あとは、大・大・大親友の結婚が決まったときではないでしょうか。なんだか、奪われてしまったかのような心境。こういった感情は、
男性には少ないかもしれません。

「行きたくない結婚式」どうすればいい?

「行きたくない結婚式」って、どうすればいいの?

 

さあ、それでは、「行きたくない」結婚式の招待状がとどいたとき、いったいどうすればいいのでしょうか。検討するときのポイントは3つかなと思います。
まず、やっぱり「じぶんの気持ち」。つぎに「将来におよぼす影響」。そして「おカネの問題」ですね。順番にみていきましょう。

じぶんの気持ち

たとえおカネがなかったとしても、たいせつな親友の結婚式に行かない(行けない)という判断をすることは、やはりできないですよね。ご親友だって、
あなたの参列をこころから望んでいるはず。お友だちの関係性なら、持参するご祝儀は「3万円」です。お父さんあるいはお母さんに借りるのか・・いえ、ちょっとお待ちください。
ご親友の結婚式なら、招待状で初めて知るという可能性は低いはず。親友の間柄なら、かならずもっと前に日時をお知らせして、予定を空けてもらうよう努めるはずです。
つまりあなたには、「貯金」をする時間があります!それが6カ月前なのか10カ月前なのかはわかりませんが、ではかりに6カ月前としましょう。結婚式までに必要な毎月の貯金額は、
5千円です。達成できそうじゃありませんか?こういったケースなら、すぐに親御さんにすがりつくこともなく、自力でご祝儀を準備して、おもいっきり親友の結婚式をお祝いできる
ということです。

将来におよぼす影響

すこし打算的なお話になりますが(笑)たとえば、職場の先輩の結婚式に招待いただいたとします。所属する部署も異なり、ふだんの親交もあまりありません。
「じゃ、行かなくていいよね」と、即決するのは少々お待ちを。いずれ部署異動で、もしその先輩とおなじ部署になったら?しかも先輩は出世し、あなたの上司になるとしたら?
もちろん、「そんなこと関係ない。シゴトは実力の世界!」という考え方もあると思います。だけどその実力を、じゅうぶん発揮できるための環境もたいせつでは、と思います。
そのためには、こういった計算?はしたほうがいいかもしれません。一方で、まず交わることがない関係性なら、何かしら理由をつくってお断りしてもいのではないでしょうか。結婚式に行けない場合、祝電を送るといった方法もあります。
なんの気持ちもないままに結婚式に参列してしまうと、しばらくダメージをひきずる可能性があります。「お料理、おいしくなかった」とか、「3万円イタイ・・」とか。

また、お金だけの問題でなく、医療従事者などウィルス感染に人一倍気を配る立場の方は、信用性や職場への影響を心配し、行きたい結婚式に行けないというケースも多い時代です。さらには、自身の結婚式さえ延期している方も多いのです。

おカネの問題

これはもう、すでに述べた部分もありますね。親しい方ほど早めに結婚式の日取りを教えてくれると思いますから、そのときは「貯金」をがんばる!そして、
社会人は結婚式にご招待される機会も増しますから、それを見越して普段から「貯金」できれば理想ですね♪えっ、わたし?できてません・・。