ブログ

2021年11月29日

美容の重要性と結婚式

結婚式と美容とは

最近「美容」ということばを単独で使うことは少なくなりました。ヘアメイクという現代的なヨコ文字で総称されるようになり、美容院はヘアスタジオやヘアサロン、美容師はヘアスタイリストと呼ぶようになりました。また、エステやネイルは女性にとってとても身近になり、いまや日常の一部です。「美容」本来の意味は、〝身体や容姿を理想的な美しさに近づけるために行われる試みや行為″とあります。ということは、上記のものに限らず、ダイエットはもちろん、ジムトレーニングなどもやはり「美容」ですし、最近女性に大人気のキックボクシングもやはり「美容」です。とにかく、美しい容姿や気持ちになることが「美容」なのです。その「美容」と「結婚式」の関わりを考察してみましょう。

 

 

準備する「美容」

準備の美容

結婚式の日取りが決まった瞬間、そこに向けての準備が始まります。一概には言えませんが一般論と私の経験と情報から、多くの新郎は〝準備…やることいっぱいで大変、ちょっと憂鬱″。多くの新婦は〝やることいっぱいだけどやるぞぉー!あっ、ダイエット、エステ、ネイル…がんばるぞぉー!!″という感じではないでしょうか。それほど新婦にとっての結婚式での「花嫁美容」は重要なものです。

 

ボディーメイク(ダイエット)

やはり最優先するとこは〝見た目の美しさ″ということで、まずはダイエットという新婦は非常に多いのは言うまでもありません。ボディーメイクとひとことで言っても、最近では○○ザップのようにお金を掛ければ必ず痩せることのできる?プログラムもあれば、ジムやキックボクシングなどは費用面でも手軽にできるものもあります。そして時代を象徴するようにyou-tubeなどもの凄い数のエクササイズ動画があり、コロナ禍での〝おうち○○″と相まって誰もが手軽にボディーメイクを実践できるでしょう。結婚式のことを考えると新婦はずっとドレスや着物などを着ていることから、特に上半身に比重をおいた花嫁美容が主流のようです。
その他、最近では骨盤や骨格矯正なども人気があります。

スキンケア

そしてもう一つ新婦がとてもこだわる花嫁美容が、スキンケアでしょう。これは男性には到底理解できない世界だと思います。花嫁美容でのスキンケアのポイントは、結婚式当日新婦は一日中注目されているということです。挙式でも披露宴でもゲストの視線の先には新婦がいます。そして女性ゲストはお肌のチェックまでするのでは…。恐らくほとんどの新婦は普段から何らかのスキンケアをしているのでしょうが、それに加えて花嫁美容では〝美白″や〝透明感″を追求し、エステに通ったり、皮膚科で施術をうけたり、高額なスキンケア商品を購入し自宅でホームケアをしているようです。

その他

とことんこだわる、高みを目指す新婦もいます。
少数派ではありますが、歯のホワイトニング、親知らずの抜歯、美容整形、生理日の移動などにお金を掛けるリッチな新婦もいるようです。

 

 

本番(当日)の「美容」

結婚式の美容

準備の花嫁美容ができたら、さあいよいよ結婚式当日を迎えます。まず大切なことは2~3日前から体調を整えることでしょう。風邪などを引かないように、睡眠不足にならないようにあたりは必須事項です。そして当日…通常ホテルやゲストハウスなどいわゆる会場には美容=ヘアメイク、衣装の着付けなどを担当する専門のスタッフが一日中傍に居てサポートやケアをしてくれるので安心です。ただ、ここで重要なポイントは、その担当のスタッフとしっかりと事前に打ち合わせをすることです。口頭だけではなく画像や映像を用いて具体的に伝えましょう。事前実践リハーサルなどがある会場ではそのようなサービスを利用すべきでしょう。

自分らしいヘアメイクで

女性のヘアメイクには必ず〝流行″があります。ここ数年のヘアメイクの主流はやはり〝ナチュラル″でしょう。それはファッションやモードの世界自体が完全にその流れで、それに最近のSDGs、サステナビリティなどその傾向が一層強くなっていると感じます。
メイクはキツイ、強い色目を避け自然な色目ではあるが巧みなメイク術で美しく仕上げる。
ヘアは人気のヘアスタイルには常に〝自然に″〝軽く″〝フワッと″などのワードが並んでいます。
そして一番大切なことは自分らしい、自分で美しいと思えることでしょう。

 

注意するべきこと

結婚式のヘアメイクに関してのアンケートで「満足できた」は78%、「満足できなかった」は22%であったという結果があります。100人中78人の新婦が満足できなかった…予想以上に満足度は低いように思いますし残念です。
満足を得るヒントとして以下満足できなかった幾つかの理由を参考にしていただければと思います。
*当日の体調が悪く顔色が悪かった、むくみが出てしまった
*ヘアメイクの担当スタッフとのコミュニケーション不足
*ヘアメイクの担当スタッフのセンスが悪い、会わない
*メイクの仕方、技術が悪く化粧崩れしてしまった
*ヘアの仕方、技術が悪く崩れてしまった