ブログ

2021年10月27日

フリーランス・ウェディングプランナーのメリットとデメリット

フリーランス・ウェディングプランナーの長所と短所

まず、ウェディング業界におけるフリーランスのウェディングプランナーについて、解説をします。そのうえで、結婚式を検討するおふたりがフリーランス・ウェディングプランナーと契約するばあいのメリットとデメリットをお伝えします。結婚式場との契約となにがちがうのか、その比較も織り交ぜます。ぜひ、ご参考にしてください。

フリーランスのウェディングプランナーって?

フリーランス・ウェディングプランナーについて

2020年以降のコロナ禍で、結婚式場とお客様とのあいだにトラブルが発生するケースが増えました。SNSなどにあがっているお客様のコメントを拝見すると、「中止(または延期)をしたいとお願いしたら、高額なキャンセル料金を請求された」「担当のウェディングプランナーと連絡がつながらなくなった」「なにを相談しても、きちんとした回答をくれない」などなど。だれもが経験したこのない未曽有の事態で、結婚式場もウェディングプランナーもどうしていいかわからなかった、という部分は大きいと思います。ですがこうった問題から、「結婚式場(運営企業)が信用できない」「お金儲けだけに走っている」といった意見もでてきました。さすがにウェディングプランナーの個人名がでてくることはなかったですが、運営会社名はいくつか挙がっていました。一方で、「フリーのウェディングプランナーのほうが、よくしてくれるのでは」「親身に応対してくれるのでは」といったコメントも登場しました。みなさんは、フリーランスのウェディングプランナーという存在をご存知ですか?カンタンにいうと、特定の結婚式場(運営会社)に所属しない、個人事業主としてウェディングプランニングを手がける人のことです。海外では、フリーランスのウェディングプランナーに任せることは一般的です。結婚式場を所有しておらず、特定の下請け業者との契約に縛られず、結婚するおふたりの要望に寄り添って、自由度の高い結婚式をプロデュースするというのが、その魅力とされています。はたして、その実態は??フリーウェディングプランナーのメリットとデメリットを見てまいりましょう。

フリーランス・ウェディングプランナーのメリット

フリーランス・ウェディングプランナーの長所

ではまず、フリーランス・ウェディングプランナーのメリットを、チェックしていきましょう。

時間をかけて、相談にのってくれる

いちばんのメリットは、ここではないでしょうか。人気の結婚式場だと、つねにお客様であふれていて、やはりある程度効率よくお打合せを進めていく、という実情があります。フリーランス・ウェディングプランナーの多くが、そういった環境をよしとせず、よりお客様との密接な関係性を希望していると思うので、こだわりのつよいお客様は望むところだと思います。

場所・特定業者にしばられない

一風かわった場所で結婚式を挙げたいおふたり・自分たちの趣味を反映した結婚式がしたいおふたり・自然に囲まれた野外で結婚式を挙げたいおふたりにとっては、フリーのウェディングプランナーはたのもしい存在です。あらゆる施設をはじめとして、折衝交渉に臨んでくれます。また、イメージをもっていないおふたりには、ジックリとお話をうかがって、条件にピッタリ合うような施設や場所を提案してくれます。また、もちろんお付き合いをしているメイクスタッフやフローリストはあるでしょうが、けっして
提案の枠を限定せず、やはりおふたりのご要望・イメージに応じて、さまざまな業者やスタッフを紹介してくれます。

予算に応じた工夫をしてくれる

自由度が高いのはプランニングだけでなく、予算面にかんしても同様です。結婚式場は、豪華で立派な設備のもと、かかわるスタッフ・業者の数も多いので、やはり値段がお高めです。フリーのウェディングプランナーなら、予算をおふたりからお聞きしたうえで、その金額におさまるような提案をつくってくれます。

精神的なサポーターになってくれる

結婚式は、ご両家のご意向があったり・おふたりのあいだにも意見の相違があったりして、スムーズに準備が進まないことも多々あります。そんなとき、フリーランス・ウェディングプランナーは頼りになります。個人事業主としてがんばっている精神的なつよさ・たくましさも相まって、不安な気持ちをかかえるおふたりを勇気づけてくれるはずです。

フリーランス・ウェディングプランナーのデメリット

フリーランス・ウェディングプランナーの短所
それでは一方で、フリーランス・ウェディングプランナーのデメリットはあるのでしょうか。

素性・実績がわかりづらい

結婚式場ではたらくウェディングプランナーは、まちがいなくその式場のスタッフで、OJTをはじめ教育や研修を受けているケースがおおいです。また日々、実践で経験を積み重ねていると想像できます。一方で、フリーランス・ウェディングプランナーは、一部をのぞきオフィスを構えているわけではなく、普段はどこで・なにをしているのかが見えずらい場合があります。かつて、大手の〇〇で働いていた・年間△組もの結婚式をプランニングしていると言われても、なかなかその真偽を確かめることはできません。

個人活動の危うさ

打合せが始まってまもなく、急に連絡が繋がらなくなる・態度が変わるといったことになると、おふたりからすればおおいに焦ります。結婚式場とちがって担当者を変更してもらうといった対応もありませんし、途端に不安な思いをする事態に陥ってしまいます。そして、フリーランス・ウェディングプランナーに、一身上の都合や事故が発生したばあい、結婚式が宙に浮いてしまう状態が想像されます。

いかがでしょう。結婚式場にもフリーランス・ウェディングプランナーにも、それぞれにメリット・デメリットがあります。やはり契約前にしっかり話をして、信頼に値する会社(人物)か否かを見極める必要がありそうです。